工場勤務

【うっかりミス撲滅】日常でも役に立つ「指差呼称」【危険予知だけじゃない】

ご安全に!

工場内の設備管理強化月間での標語に鬼滅のネタを織り込み入賞したリーマン山野です!

工場勤務Yさん
工場勤務Yさん
このごろ、うっかりミスが多くて周りに迷惑ばかりかけてしまう。。。

今回はこの悩みを解決する「指差呼称(ゆびさしこしょう)」を紹介します。

指差呼称とは?

KY(危険予知)活動の一環として、作業対象、標識、信号、計器類に指差しを行い、その名称と状態を声に出して確認することです。

業界や事業場により、「指差(確認)喚呼」、「指差称呼(唱呼)」とも呼ばれています。

元は、日本国有鉄道の蒸気機関車の運転士が、信号確認のために行っていた安全動作でしたが、現在では鉄道業にとどまることなく、航空業、運輸業、建設業、製造業等、幅広い業界で行われています。

引用: 厚生労働省 職場のあんぜんサイト

ざっくり、工場で使われる「うっかりミス」を防止する方法です!

指差呼称の効果

指差し呼称は、危険を伴う作業の要所要所で、集中力を高め、「うっかり、ぼんやり」などのヒューマンエラーによる事故を防ぐのに非常に有効です。

1994年、財団法人(現、公益財団法人)鉄道総合技術研究所により、効果実験が 行われました。

同実験によれば、「指差しと呼称を、共に行わなかった」場合の操 作ボタンの押し間違いの発生率が2.38%であったのに対し、「呼称のみ行った」場 合の押し間違いの発生率は1.0%、「指差しだけ行った」場合の押し間違いの発生 率は0.75%でした。

一方、指差しと呼称を「共に行った場合」の押し間違いの発生率は0.38%となり、 指差しと呼称を「共に行った」場合の押し間違いの発生率は、「共に行わなかっ た」場合の発生率に比べ、約6分の1という結果でした。

つまり、指差呼称をすると「うっかりミス」がほとんどなくなるということです。

指差呼称のやり方

指差し呼称は、次のように行います。

(1) 目は…確認すべきことを、しっかりと目で見る。

(2) 腕・指は…左手は横から腰に当てる。

(3) 右腕を伸ばし、右手は人差し指を伸ばして対象を差し、その後、指を、耳元まで振り上げて、「ヨシ!」で振りおろす。

指差呼称の最大の欠点「恥ずかしい」

指差呼称の最大の欠点は恥ずかしいです。

工場などの現場以外で、指差呼称をやると、恥ずかしいです。

※もちろん工場では人の命がかかっているので、真面目にやりますが

そのため、工場以外の場所で、大事な確認があるときは、軽い指差しだけにしといています。

それでも、本家には及ばないですが、ミス発生確率は2.38→0.75%に低減できるので、オススメです。

指差呼称を日常で役立てるオススメのタイミング

・旅行の荷物確認

・出かける前のガス栓確認

・家を出る時の鍵を閉めたかの確認

・大事な書類を記入したときの確認

「失敗したくない時に指差呼称で確認がオススメです」

以上、うっかりミス撲滅する日常でも役に立つ「指差呼称」でした。

工場勤務では、指差呼称をよく使います。

そのため、日常でもクセでよく使ってしまいます。

また、踏切を渡る時にもクセで指差呼称をしてしまい、妻にちょっと笑われるときがあります。

とはいえ、「指差呼称」はうっかりミス防止に非常に有効ですので、興味がありましたら、一度ためして見てはいかかがでしょうか?

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

ご安全に!